2015年05月09日

横濱漢字の会15周年!

ご無沙汰しています。
1ヶ月半振りの書き込み、だいぶ空けてしまいました。

4月中旬頃から横濱漢字の会の「15周年記念誌」の総合編集をやっていて、
朝のスタバも夜のワンモア100円スタバも、
会社の昼休みもずっとこれにかかりっきりで・・
ブログを更新する時間もネタもなく。。(._.)

そしてGW前に発注した製本が…今日ついに完成!!

漢字の会の野外学習(at桜木町)に参加して下さった会のメンバーへ、
ランチ会場にて無事に渡すことが出来ました。

皆さん記念誌を手にした瞬間、
おお・・!スゴイ!という驚嘆の声があちこちから。
苦労した甲斐があった… 喜んでもらえて
良かった良かった。(^∇^)

達成感もあって、ランドマークタワーを見ながらの
乾杯ビールは格別でした!

と、我に返って、次の目標はH27−1の漢検1級試験。
1ヶ月以上も漢字をまっっったく書いてないし・・
来週からは朝のスタバは漢検モードに切り替えないと。

では、
またよろしくお願いします。
image.jpg
posted by fuji-moca at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月14日

頭を使う漢字、楽しく学ぶ漢字

今日は横濱漢字の会 定例会でした。
漢字学習は漢検2級の問題から。
文章の中で間違って使われている漢字を正しい漢字に直す問題、
これはけっこう頭を使いますね。

「フランス王妃の優雅な宮邸生活」
この文章の間違いが見抜けなかった・・。

答えは、「邸」が間違いで「廷」が正。
「邸」は「やしき」と読むし(表外読みだけど)、
「宮邸」となっても全然違和感ないんですが、
まあ、「宮廷」が正しいんですね。
常用漢字、恐るべし。

ところで話は変わりますが、こういう本を見つけて即買いしました。
卯月啓子の楽漢法 楽しい漢字指導のアイデア玉手箱』小学館

書店でいつも見てる漢字・日本語のコーナーではなく、
学校教育のコーナーにありました。
著者の卯月啓子さんは、小学校教師を長年勤められた方です。

「楽漢法」とは、子供が漢字を楽しく学べ、楽に学べる学習方法です。
漢字を学ぶのは暗記力だけではない。
それよりも類推力・連想力・発想力などの“考える力”が必要なのだと書かれています。
これは子供の漢字学習だけでなく、大人にも、
漢検一級の勉強にも通じるな〜と思いました。

他にも楽しく漢字を教え、楽しく学ぶ方法がいろいろ書かれています。
学校の先生視点の本ですが、なかなかためになる一冊でした。

posted by fuji-moca at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月10日

横濱漢字の会定例会〜2015/1月〜

今日は今年最初の横濱漢字の会の定例会でした。

冒頭、去年12/21に行われた漢検生涯学習ネットワーク研修会の報告です。
阿辻先生の講演会のタイトル「ちょっと話しにくい漢字の話」、
そのとおり、なかなか話しにくいシモの話なので・・ 触りだけにして
詳細はこちらを参考にしてくだ〜い!
ということで、
阿辻先生の著書『タブーの漢字学』を回覧する作戦に逃げました。

なにげにこの本に講演会の内容が全て収まっているんですね。

そして漢字学習コーナーでは、塾字訓と当て字の勉強。
「鬼頭魚」の読みは? 「しいら」。
と、これはいいのですが、
「しいら」は「シーラカンス」から来ているのか? という質問が。
えーっつ︎ そんな話は聞いたことが・・(°_°)
全然「知いら」ないですね。。

慌ててiPhoneで検索するもそんな情報ナシ。
確かに鬼頭魚(しいら)は体長が2mにもなるから、
古代魚っちゃ古代魚に似てるかも・・。
(いかにもグロテスクな漢字だし)
でもやっぱりシーラカンスとは関係ないでしょう…きっと。

家に戻ってあらためて調べると、
「しいら」は「秕(しいな)」から来ているみたいですね。
魚介類図鑑のサイトに載っていました。
http://zukan-bouz.com/detail.php?id=88

結論、しいらとシーラカンスとは全く関係無いという事で…
勉強になりました。
posted by fuji-moca at 22:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月14日

横濱漢字の会定例会(2014/12/13)

一昨日は、横濱漢字の会の定例会&忘年会でした。
忘年会では出し物もゲームも景品も無いのに
皆さん大いに盛り上がって、
店予約&座席決め担当としては本当に満足です!
ゲストの方には感謝感激雨霰!

もちろん定例会の漢字も勉強になりました。
Jさんのモバイル暗記単語帳で、
沢漆(とうだいぐさ)の意味が「トウダイグサ科の植物」
とあったのが笑えました。(^.^)
そういう意味では、
車前(おおばこ)はオオバコ科の植物、
落葵(つるむらさき)はツルムラサキ科の植物、
ですね。

山珊瑚(つちあけび)はラン科、
鼠麹草(ははこぐさ)はキク科、
山小菜(ほたるぶくろ)はキキョウ科、
これはどうでもいいか。。

何はともあれ、無事に終わって良かったです。
そして思い出したのが、2月の26年度第3回の漢検試験、
全く何も勉強してない・・
つーか、申し込みもしてない^_^;
とりあえず年内には申し込もう。

では。
posted by fuji-moca at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

横濱漢字の会定例会〜左と右〜

大変大変ご無沙汰しております。

今日は横濱漢字の会定例会でした。

今回、fuji-mocaが当番で発表した内容は「右と左」。

左利きのfuji-mocaは、左利きであることに何のコンプレックスもありませんが、
漢字の世界では右が強く左が弱い、
右が優先、左は劣るのです。

漢検5級の「左建外易(さけんがいえき)」という四字熟語は、
道理にもとるやり方で勢力や権力を増すこと。
「左」はよこしま、もとる意味で、
「左建」はよこしまな方法で勢力を伸ばすこと。
左はそんなに悪どいのか・・。

左戚右賢(させきゆうけん)」は、
親戚の者を低い位置におき、賢者を高い位置に置くこと。
漢代は右を尊ぶのに対し、左をいやしい者としたのです。
(漢検四字熟語辞典より)

例会で、「左戚右賢」は準1級だと思って説明してたら、
会の碧眼Jさんから、「これは2級になりました」と指摘あり。
え、漢検四字熟語辞典には準1級となっているが……。
2010年の改定で、「戚」は常用漢字に仲間入りしたので、
「左戚右賢」は2級の対象です。
なるほど確かに。
思い込みでした。

人に指摘されると勉強になります。
漢検要覧も、そろそろ買おうかなと思った次第です。
posted by fuji-moca at 21:22| Comment(2) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月12日

横濱漢字の会 4月定例会にて

またしてもしばらくぶりの更新です。

麗らかな春の陽気に誘われ、お出かけついでに漢字などいかが?
今日は横濱漢字の会、4月定例会でした。

今日も色々な漢字を目にしましたが、
気になったのは「冲」という漢字です。
音読み 「チュウ」
訓読み 「むな(しい)」「おき」

これは漢検出題対象?
必携で「冫(にすい)」の項目に載ってないから対象ではなさそう。
幼い意味の「幼冲(ようちゅう)」という熟語は、
いかにも1級漢字みたいで、一応覚えていました。

それでこの「冲」という漢字、「うぶ」とも読むとのこと。
fuji-mocaは知りませんでした。。。
「天地明察」で本屋大賞を取った
「冲方(うぶかた)丁(とう)」という作家がいますが、これもまた読めず。
何でこんなペンネームにしたんでしょうね…。

またひとつ勉強になりました。
posted by fuji-moca at 23:41| Comment(2) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月08日

ちょっと気になる丁寧言葉

今日は横濱漢字の会 定例会でした。

いつもの会議室が取れてないというトラブルがあり、
急遽、別の会場へ大移動。
宴会も出来そうな和室でした。
(そのまま宴会でもよかったのですが…)

漢字学習と自由テーマはいつもどおりの進行で、
それに加えて最近始めたのが「漢字プチ情報」。
先々月のネタ、「魚偏に夏」という漢字について。
これはやっぱり、鰒(フグ)に似せた、もしくは書き間違いから生まれた
国字ではなかろうか、という結論です。
もちろんホントのところは分かりません・・。

そして今日のプチ情報は、「ちょっと気になる言葉」。
fuji-mocaが気になってるのは、‘させていただく’言葉です。

若手タレントがよく言う、
「(本を)読ませていただきました。
「(CDを)聴かせていただきました。

何か丁寧過ぎるし、庶民感覚としては、
「(お金を払ってあなたの本を買って)読んでみました。」
「(お金を払ってあなたのCDを買って)聴いてみました。」
くらいの言い方でいいんじゃなかろうか。
(カッコ内は心の言葉です)
読んで聴いて、結果として感動することはりますが。。

そして極め付けは、賞をもらった女優が壇上で発した一言。
「昨年、第一子を産ませていただきました。
え〜そこまで?
出産はおめでたいこと、遠慮する必要はなく堂々と言えばいいのに。
周りのスタッフや関係者に気を遣わせたから
こういう言い方になるのだろうか・・。

定例会後のランチの時にも、隣に座った女性会員の方が
慇懃無礼な感じがすると言っていました。

漢字だけではなく、こういうテーマも話が弾んで
なかなかいいものです。

では、また。
posted by fuji-moca at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

横濱漢字の会〜2013/11/9定例会〜

こんばんは。

本日は横濱漢字の会の定例会でした。
漢字学習は、熨斗、追儺、注連縄(標縄)、屠蘇・・・と、
1級試験でも御馴染みの漢字がズラリ。

他にも「」という漢字が中国西域のウイグル自治区を表しているという、
これまたナルホドという内容のものでした。
土・・・パミール高原
つくりの上の横棒・・・アルタイ山脈
上の田・・・ジュンガル盆地
真ん中の横棒・・・天山山脈
下の田・・・タリム盆地
下の横棒・・・崑崙山脈

そして、
今日はアメリカ出身の在日6年になる
イケメンのJさんがゲストで登場!!
Jさんは漢検生涯学習ネットワークの会員通信にも
インタビューで載った方です。準1級も持ってます。
そしてそして・・・会合後のランチでJさんと親睦を深め、
会へ入会していただけることとなりました。嬉しい限りです。(^_^)

そしてさらに、
来月の定例会では、昨年の漢検生涯学習ネットワーク会員研修会で
講演されたライターのEさんがゲストで登場!
漢字の辞書を作られた方の前での発表・・(^_^*)
知識では敵わないとしても、
気持は怖じず堂々と漢字の面白さを資料に纏めたいと思います。

では、この辺で。
posted by fuji-moca at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

横濱漢字の会 〜2013/10月定例会〜

いい天気が続きますね。
昨日は横濱漢字の会の定例会でした。

会場は久しぶりの神奈川近代文学館の和室。
胡座をかいてテーブルで勉強してると
何だか実家に戻ったようで落ち着きます。
やはり漢字の勉強は、「畳の上の水練」、いや
「朝練」か・・などと下らないことを考えつつ、
学習開始。

漢字学習のコーナーでは、
池波正太郎の『鬼平犯科帳』からの出題。
「軽袗袴」(かるさんばかま)の読みを問う問題があったが、
袗ではなく「衫」ではないか、との指摘が。
確かに似てるけど、意味はどちらも「ひとえ」で、
袗の読みは「シン」で、衫は「サン」。

ですが、軽袗袴は小説から丸写しとのことで間違ってはないみたい。
果たして「かるさんばかま」と読んでいいものか。。

他にも読みの問題で、「椎茸髱」なんて問題があり。
一応「しいたけたぼ」と書けましたが、
江戸時代の御殿女中の間で流行した髪型だそうで、
どんな髪型かさっぱり想像つかず・・。

そんなこんなで、
自由課題も入れて、あっという間の2時間でした。
次回の漢字の会は11月9日(土)です。

それでは。
posted by fuji-moca at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月14日

横濱漢字の会 〜2013年9月〜

こんばんは。

今日は横濱漢字の会 定例会でした。

出席者は12名とやや少なめ。
それでも中身の濃い資料に盛り上がりました。

漢字学習は、1級の基礎がためのような問題。
贏(エイ)、瀛(エイ)、羸(ルイ)、
これらの部首と字体について学習しました。
瀛はさんずいだが、贏の部首は貝、羸は羊、
右下の「凡」の字体は許容字体で、訊の右側の字体が正字。
贏輸(エイシュ)は輸贏(シュエイ)とも。

自由課題では、15世紀の関東の情勢について。
足利氏と上杉氏の動きを、史実と物語を混ぜた資料をもとに
勉強しました。

明日は漢検生涯学習ネットワークの研修会に出席、
信濃町までいってきます。
横濱漢字の会、楷の木メンバー、漢検スタッフ、
知ってる方も大勢来ますが、
初めての方との挨拶を期待し、最後の交流会まで出席したいと思います。

では、また。
posted by fuji-moca at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする