2015年06月14日

H27-1試験に向けた勉強

H27年度第1回試験まで、あと一週間です。

前回の勉強法から特に工夫無し。身も蓋もないですが…。

昨日はちょうど横濱漢字の会の定例会で、
漢字学習コーナーは四字熟語の勉強。
直前対策に役立ちました。

5級〜2級の漢字で1級に時々出る四字熟語がありますが、
これは本当に厄介ですね。

もしこれらが出たら・・
「不解衣帯(ふかいいたい)」5級・・・衣帯と書けるか。
「多蔵厚亡(たぞうこうぼう)」5級・・・厚亡と書けるか。
「面壁九年(めんぺきくねん)」4級 ・・・ 壁を璧と間違えそう。
「一樹百穫(いちじゅひゃっかく)」3級・・・穫を獲と間違えそう。
「煎水作氷(せんすいさくひょう)」2級・・・煎を穿、鐫と間違えそう。
気を付けなければ。

ところで、壁(ヘキ)と璧(ヘキ)は間違え注意の定番ですが、
語呂の良い覚え方を考えてみました。

壁土ン(壁ドン)と 完璧(カンペキ)玉子と 襞(ひだ)ごろも

うーーん、まあまあかな。

ちなみに「辟」を含む漢字はけっこうあります。
辟席(ヘキセキ・ヒセキ)、褶襞(シュウヘキ)、癇癖(カンペキ)、
瓦甓(ガヘキ)、霹靂(ヘキレキ)、僻陬(ヘキスウ)、劈頭(ヘキトウ)、
擘裂(ハクレツ)、黄檗(オウバク)、開闢(カイビャク)、
薜蘿(ヘイラ)、嬖臣(ヘイシン)、躄踊(ヘキヨウ)、
猿臂(エンピ)、譬喩(ヒユ)、逃避(トウヒ)

辟席は、立って席を避けること。
辟世(ヘキセイ・ヒセイ)も避ける意味で、俗世間をさけてかくれるという意味です。

躄踊(ヘキヨウ)は、右に左にといざって、踊るようにして泣くこと。
躄は訓読みで「いざ(る)」、膝や尻を地につけたまま進むこと。

面壁九年で努力すれど、完璧解答あり得ない。
そう自分に言い聞かせて試験に臨みます。

ではまた。
posted by fuji-moca at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢検1級のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。

1級でも2〜5級範囲の四字熟語が出るんですね。
準1級でも大抵1つは出た記憶がありますが、やはり曲者でしたね。これだけは対策が難しいです。

1週間後は試験本番ですね。
私は受検しませんが、11歳の姪が5級に初挑戦。塾などで忙しいそうで、勉強しているか心配ではありますが…。
良い結果が出せますようにお祈りします!
Posted by Yuki at 2015年06月14日 16:51
Yuki様
コメントありがとうございます。
そうですね、1級に出る2級以下の四字熟語は曲者です。
たかが1問ですが侮れないです。

激励もありがとうございます。
姪御さんも5級試験で実力発揮できると良いですね。
応援しています!

Posted by fuji-moca at 2015年06月14日 21:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420669411
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック