2015年10月25日

H27-2漢検1級を受検してきました。

またまたご無沙汰しています。
H27-2 漢検一級、受検してきました。

難しいか難しくないかと言えば、これまでの傾向からすると
まあこんなもんかなと。(つまりはそんなに易しくはない)
過去問や市販の問題集は全て把握したうえで、語彙力と、
紛らわしさに騙されないだけの練達した理解度が必要ですね。

結果としては多分・・170〜180点。

ところで今回の試験でも、初めて知る日本語がありました。
「斬奸(ざんかん)状」
意味:悪者を斬るについてその趣意をしたためた文書。
時代劇を観ている方はご存知なのでしょうか。
fuji-mocaは時代劇に興味が無いので知りませんでした。。。
「讒陥」が頭に浮かんだのでこれを書きましたが、バツですね。

もう一方の「ザンカンが背を伝う」の「ザンカン」は、
残汗と書いてバツ。

同じ書き問題で、「疑団がヒョウシャクした」のヒョウシャクを
「氷鑠」と書きましたが、広辞苑を見ると「氷釈」とあり。

甸服(でんぷく)の類義語を最後まで悩んで、貴族の喪服のことかと想像し、
それっぽい漢字を書きましたが、答えは「畿内(きない)」。
甸服の意味は畿内の地、畿内は帝都付近の地。

毎度毎度、勉強になります。
次こそは高得点、目標は高く。
また頑張ります!

posted by fuji-moca at 18:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする