2015年06月29日

第13回 漢検生涯学習ネットワーク研修会に行ってきました。

6/28、漢検生涯学習ネットワークの研修会に参加してきました。
上野駅近くの会場で自宅から電車一本、
行くのはラクでしたが、何とも狭い会場でした。
今までやってた千駄ヶ谷の日本青年館は閉鎖になったようです。

講演は、早稲田大の森山卓郎先生。
開始早々いきなりクイズを出されました。
「人」という漢字の、「ジン」「ニン」の読み方の例をあげてみましょう。

知人、友人、隣人、美人、老人・・・
当人、本人、仙人、十人、百人・・・

「ジン」は、所属や性質を表す用法。
「ニン」は、その人という用法、何かをする人。
だそうです。

「世帯人」は例外で、世帯に属しているわけではないから
「ジン」とは読まないとのこと。
そうすると、「管理人」も同じ解釈ですね。

あと、「洗顔する」と「顔を洗う」の違いは?
というクイズ。
アライグマが洗顔している、とは言わない。
洗顔して出直して来い、とも言わない。
「洗顔」や「深海」、「黒髪」のように一語になっている場合は、
固有のもの、限定的なものを示すとのことです。

他に興味深かったのは、
「弾く」楽器は基本的には弦楽器だということ。
琴を弾く、ギターを弾く、三味線を弾く
ところがピアノも「弾く」。
ピアノは実は弦が中にあるから「弾く」なのだが、
オルガンも「弾く」。
「弾く」のは元々弦楽器だったが、鍵盤楽器にも拡張されたとのこと。

そんな具合で、あっという間の2時間。
交流会で色々な方とお話も出来て、充実した1日でした。

また都内でやって頂きたいですが、
もうちょっと広い会場がいいですね。

では。

posted by fuji-moca at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月21日

H27-1の受検結果

H27-第1回 1級試験を受検してきました。

今年度も、とくに新傾向はないですね。
ありきたりの過去問ばかりじゃん、と
解いていったら、あちこち間違えました。

表面の読み問題は、自己採点では多分、全問正解。
しかし書き問題は、どれも問題集や過去問で
お目にかかった漢字なのに・・
鬘(かつら)を鬟(みずら)と書いてしまいショック。

他にも絆創膏(ばんそうこう)を間違えたりで、
基本的な漢字が書けなかった。
間違えるはずがないと思い込んでいた結果です。
仕方ない。。

一方、四字熟語も多分…満点。
そして「優游涵泳」はまさに横濱漢字の会 記念誌のタイトル!
これはウレシイ!!
実際のタイトルは「優游漢泳」なので、よっぽど「漢泳」と
書いてやろうかと思ったけど、さすがにヤめました。

故事成語は相変わらず。2〜3問は新出の問題があるパターン。

別れてはシンショウの闊(はる)かなる有り

シンショウ? 針小、心象、信証・・
深蕭と書いてみましたが、そんな言葉は無さそうでした。
おそらく解答は「参商」かな?
遠く離れて会うことのないたとえ、という意味。
文章的にも成り立つのではないかな。

そんなこんなで、ユルめの自己採点は180点。
でも結局170点台になるんだろうな…。

では。
posted by fuji-moca at 21:50| Comment(4) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

H27-1試験に向けた勉強

H27年度第1回試験まで、あと一週間です。

前回の勉強法から特に工夫無し。身も蓋もないですが…。

昨日はちょうど横濱漢字の会の定例会で、
漢字学習コーナーは四字熟語の勉強。
直前対策に役立ちました。

5級〜2級の漢字で1級に時々出る四字熟語がありますが、
これは本当に厄介ですね。

もしこれらが出たら・・
「不解衣帯(ふかいいたい)」5級・・・衣帯と書けるか。
「多蔵厚亡(たぞうこうぼう)」5級・・・厚亡と書けるか。
「面壁九年(めんぺきくねん)」4級 ・・・ 壁を璧と間違えそう。
「一樹百穫(いちじゅひゃっかく)」3級・・・穫を獲と間違えそう。
「煎水作氷(せんすいさくひょう)」2級・・・煎を穿、鐫と間違えそう。
気を付けなければ。

ところで、壁(ヘキ)と璧(ヘキ)は間違え注意の定番ですが、
語呂の良い覚え方を考えてみました。

壁土ン(壁ドン)と 完璧(カンペキ)玉子と 襞(ひだ)ごろも

うーーん、まあまあかな。

ちなみに「辟」を含む漢字はけっこうあります。
辟席(ヘキセキ・ヒセキ)、褶襞(シュウヘキ)、癇癖(カンペキ)、
瓦甓(ガヘキ)、霹靂(ヘキレキ)、僻陬(ヘキスウ)、劈頭(ヘキトウ)、
擘裂(ハクレツ)、黄檗(オウバク)、開闢(カイビャク)、
薜蘿(ヘイラ)、嬖臣(ヘイシン)、躄踊(ヘキヨウ)、
猿臂(エンピ)、譬喩(ヒユ)、逃避(トウヒ)

辟席は、立って席を避けること。
辟世(ヘキセイ・ヒセイ)も避ける意味で、俗世間をさけてかくれるという意味です。

躄踊(ヘキヨウ)は、右に左にといざって、踊るようにして泣くこと。
躄は訓読みで「いざ(る)」、膝や尻を地につけたまま進むこと。

面壁九年で努力すれど、完璧解答あり得ない。
そう自分に言い聞かせて試験に臨みます。

ではまた。
posted by fuji-moca at 15:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢検1級のお勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする