2015年02月14日

頭を使う漢字、楽しく学ぶ漢字

今日は横濱漢字の会 定例会でした。
漢字学習は漢検2級の問題から。
文章の中で間違って使われている漢字を正しい漢字に直す問題、
これはけっこう頭を使いますね。

「フランス王妃の優雅な宮邸生活」
この文章の間違いが見抜けなかった・・。

答えは、「邸」が間違いで「廷」が正。
「邸」は「やしき」と読むし(表外読みだけど)、
「宮邸」となっても全然違和感ないんですが、
まあ、「宮廷」が正しいんですね。
常用漢字、恐るべし。

ところで話は変わりますが、こういう本を見つけて即買いしました。
卯月啓子の楽漢法 楽しい漢字指導のアイデア玉手箱』小学館

書店でいつも見てる漢字・日本語のコーナーではなく、
学校教育のコーナーにありました。
著者の卯月啓子さんは、小学校教師を長年勤められた方です。

「楽漢法」とは、子供が漢字を楽しく学べ、楽に学べる学習方法です。
漢字を学ぶのは暗記力だけではない。
それよりも類推力・連想力・発想力などの“考える力”が必要なのだと書かれています。
これは子供の漢字学習だけでなく、大人にも、
漢検一級の勉強にも通じるな〜と思いました。

他にも楽しく漢字を教え、楽しく学ぶ方法がいろいろ書かれています。
学校の先生視点の本ですが、なかなかためになる一冊でした。

posted by fuji-moca at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | ★横濱漢字の会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月08日

H26-3漢検1級を受検してきました。

ご無沙汰しています。
今日は雨が降り頻る中の試験でした。

試験会場に40分前に到着したので、早速myノートと
四字熟語の過去問一覧表を30分間凝視。
ところが今日の四字熟語、初見が二つもありました。

・拓落失路(たくらくしつろ)
意味:退けられて出世できなくなる
これは漢検漢字辞典に載ってますね。。。
「たくらく」を卓犖と書いてペケです。
・天門開闔
天の造化の門が開き閉じる。
門という字から開闔だろうと判断してマル。

前回よりはまあまあ出来たと思ったのですが、
結果、自己採点は178点。
残念な解答は多々ありましたが・・二つほど。

・「ツキ弓」と「高ツキ」の同音異義語。
まず頭に浮かんだのが、大阪の高槻。
でもこれは引っ掛けでだろうと勘繰り、というかあれこれ考え、
ツキ弓は「槻」と書いて、高ツキはなぜか「規」と書いてしまいバツ。
タカツキは高坏ですね。。

・身持ちの悪い男、放蕩者の意味を表す語で、遊冶郎(ゆうやろう)と
書いたが、終了直前に瘋癲(ふうてん)と書き直しました。
試験後に辞書を見ると、この意味は遊冶郎のこと。マジか・・(~_~;)

H26-1の窮措大(きゅうそだい)、H26-2の卵塔場(らんとうば)、
そしてH26-3の遊冶郎。
この設問は3回連続の三字熟語、ですね。
そういう傾向?に気付くべきだった。。

あと、イマイチ納得いかない問題。
朶頤(だい)の類義語で垂涎(すいぜん)と書きましたが、
果たして類義語なんだろうか・・。
他の言葉は当てはまりそうにないので垂涎にしましたが。

朶頤は、アゴを動かして食べようとするさま。強国が弱国を併呑しようとすること。
垂涎は、食物を欲しがって涎を垂らすこと。
どっちも食べる前の状態だが、
垂涎は、あるものを非常に強く欲しがることの意味だから、
朶頤とはちょっと違うのではないか・・。
これが類義語なら、遊冶郎と瘋癲も類義語なんじゃなかろうか。
もし瘋癲でマルなら、180点。にはならないかな。

次のH27年度はどんな傾向になるのでしょうか。
輸贏(しゅえい)はどうでもいいけど、
ミスっても墜茵(ついいん)の結果を期待します。(^ ^)


posted by fuji-moca at 19:20| Comment(8) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする