2019年02月04日

H30-3を受検しました

大変ご無沙汰しています。

昨日、平成最期の漢検1級を受検しました。
結果は散散…(T . T)
160点前後でしょうか。

元々準備不足もありますが、どうにも頭の冴えが無く、
対義語・類義語は半分、文章題の書き問題も半分程度。

運斤成風の斤を「斥」と書いてしまう不始末。
(採点者が見逃すことを祈る!)
丁丑が思い出せず丁午と書くし。

木強漢なんて知りませんでしたね…
常用漢字で書けないのはやはり悔しいです。

とにかく今回は襤褸糞。(これは書けた)

心機一転して、
また次回頑張ります!
posted by fuji-moca at 07:32| Comment(2) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

H30-2を受検しました

H30-2 漢検一級試験を受検しました。

今回も、170点くらいです。(凡ミス無ければ)

試験会場では終わった瞬間、「難しかった・・」という声がチラホラ。
自分も難問にいくつか愆尤をおかしました。

それでも冷静に見れば、刺激的な問題アリ、過去問も問題集からもアリで、
全体としては良問だったのではと思います。

「檳榔毛(びろうげ)の車」は、何というかこんなの書き問題に出す?
新境地です。

故事成語で「松蘿(しょうら)の契り」、これはどういう資料、
どういうタイミングで知り得ることが出来るのか。
男女の契りの固いことのたとえだそうですが・・。
ちなみに旺文社の成語林には載ってませんでした。

対義語の「大腹中(だいふくちゅう)」も初めてお目にかかりました。
度量の大きいことで、字面からもイメージは出来ますが。
応用というより、もはや想像力の世界ですかね。

熟字訓の「尸童(よりまし)」は、分かりませんでした・・(≧∀≦)
間違ってるとは思いつつ「わらしべ」と書きましたが、
何も書かない`よりまし(マシ)`か…。

文章題はやっぱり難しいけど、「苔蒸して滄桑(そうそう)を閲す」の
滄桑は、もっと想像力を働かせば書けたかもしれないなと。

そういうことで、H30-3に向けてまた頑張ります!


posted by fuji-moca at 22:00| Comment(2) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

H30-1を受検しました

大変ご無沙汰しています。

H30-1 漢検一級を受検してきました。
今回は少なくとも前年度よりは易しかった、
というか、やり甲斐がありました。

H-29は、文章題が全くダメとか対義語・類義語が散々とか、
とにかくイラっとくる問題が多かったでしたが、
今回は満遍なく設問のレベルの釣り合いが取れていた感じがします。
尨毛と槿とか、過去問も多かったでしたね。

そんな良問?でしたが、なんだかんだ言って結構間違えて、
自己採点で 172点…。

「拗(こじ)れる」を「捩(ねじ)れる」と書いたり、
「鯨鯢(ゲイゲイ)」を「鯢鯨」と書いたり。ah凡ミス!

「蓍(めどぎ)」を「めどき」と書いたのはバツか…不明。

「黄中ナイジュン」という初出の四字熟語がありましたが、
「内潤」と勘で書いたら正解でした。
意味:才能や徳を表に出さず、内に秘めていること。

一級の四字熟語「自己韜晦」と同じ意味でしょうか。

家厳は自分の父親のことで、家慈が自分の母親。
これは初めて知りました。

まだまだ知らない言葉があるな〜と、
やめられない一級受検。
点数はこのところ伸び悩みだけど、
また次に向けて頑張っていこうと思います。


posted by fuji-moca at 22:35| Comment(2) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月04日

H29-3を受検してきました

大変ご無沙汰しております。
今年初のブログです。

今日は漢検1級 H29-3の試験日でした。
前回のH29-2は惨敗し連続合格記録も途絶えてしまったので、
今回こそはとリベンジの気持ちで試験に臨みました。

結果は、自己採点で168点。
とりあえず合格ラインは超えたようなのでホッとしています。
(これで落ちてたら慚愧の極みですが…。)

内容については、前回ほどではないですが
やはり難度は高いと思います。
読み問題の「滝滝」は衝撃でした。
「りょうりょう」と書きましたが、答えは「ろうろう」っぽいですね。

「白面」の類義語がどうしても分からず、そんなはずはと思いながら
「口吻」と書きましたが、答えは「黄吻」のようです。
白面:年が若く経験に乏しいこと。
黄吻:年齢が若く経験の足りないこと。=黄口
黄吻は知りませんでした…。

そんな中、読み問題の最初の問題は「裂罅」ですが、
四字熟語に「しれつ髪指」がありました。
あれ? しれつ(眥裂)の「裂」が読み問題にあるじゃん!

今回も悲喜交々の試験でした。
結果を待ちたいと思います。
それでは。



posted by fuji-moca at 22:02| Comment(2) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

H29-2を受検してきました。

またまたご無沙汰しています。

今回、第2回だからと甘く見ていました。
とうとう……連勝記録が途絶えました。😂
自己採点で150点台後半です。
表面で-22、裏面で-20、イタイ…。

過去問は網羅したつもりですが、やはり勉強不足は否めません。
しょうがないといえばしょうがないです。

受検会場ではいつもの常連のOさんとUさんが。
お二人とも第一声は「難しかった〜」(ですよね〜)
雨の中を歩きながら答え合わせして、
お互い同じ答えを書いてホッとしたり、
自分だけ書けたつもりが実は間違ってたり。
3人とも大体同じくらいの間違いをしましたが、
fuji-mocaの場合は結果、160点にも届きませんでした。。
OさんとUさんはどうだったんでしょう。

リピーターの皆様も今回はどうでしたか?

今はなんとも脱力感でいっぱいなので、
H29-3に向けての勉強はもうちょっとしてから始めたいと思います。

応援してくださった方には本当に申し訳ありません。。



posted by fuji-moca at 17:55| Comment(2) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

H29-1の結果通知が来ました。

H29-1漢検1級試験の結果通知が来ました。

結果:166点

160点前半を想定していたので、望外とはいかないまでも、
まあまあ良かったとホッとしました。

ただ、文章題の書き問題ではたったの6点。
勘が働かなかったとはいえ、不甲斐ない結果に猛省です。

四字熟語の風檣陣馬(ふうしょうじんば)を風牆陣馬と書いてバツだったのが残念。
一方、雲遊萍寄(うんゆうへいき)を雲游萍寄と書いて正解だったのはラッキー。

しかし一級漢字の「萍」ではなく簡単な「雲遊」を書かせるのは
どういう意図なのだろう…。

という事で、またH29-2に向けて少しずつ勉強していきます。

posted by fuji-moca at 22:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

H29-1を受検してきました。

大変ご無沙汰しています。
H29-1 漢検1級を受検してきました。

自分の中では結構難しかったです。
とくに文章題はボロボロ…。
多分、160点台後半かと。

試験会場ではいつもの常連さんがいたので、
試験後に廊下で答え合わせをしました。

・「岡隴」はコウロウ 岡阜(コウフ)のコウと隴畝(ロウホ)のロウ
・「ウリザネ顔」は瓜実と瓜核、どちらでもOK。
・「テンシ板」は展翅。
・海苔を「スく」は漉く。髪を「スく」は梳く。
・結納の類義語は「納采」。W納Wがかぶっている。
・誹毀の対義語は「旌表」。褒める意。
・三人寄れば「クガイ」は公界。
・文章題の「チョウソウ」は誰も分からず。
Nさんは跳走と書いたが恐らく間違い。

そしてまさかの華盛頓(ワシントン)。
出るか〜。

漢字力の衰えを感じる今日この頃、
160点でもまあまあヨシ思うようになってきました。
また次回、頑張ります。
posted by fuji-moca at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

H28-3の結果通知が来ました

H28-3の通知が来ました。
結果  171点、でした…。

自己採点よりもあまりに低い点数に愕然。
どこが間違えたか、答え合わせはまだしていませんが、やはり勉強不足であったことは否めません。
実際、ここしばらくは仕事で帰りが遅く、朝もスタバで勉強せずにコーヒーだけ買ってそのまま会社へ直行する始末。

土日はもちろん休みですが、平日の疲れで勉強する気も起きず。
それに、漢字の会の記念誌製作のほうにかかりきりで、なかなか時間が作れませんでした。

という言い訳を、出張先の豊田市の居酒屋から書いています。一応漢字ノートも持って来ましたが…。
錦爽鶏(きんそうけい)というメニューに目を引いています。

H29は今の状態から脱却して、少なくとも朝のスタ勉だけは再開出来るよう、何とか工夫してみます。



posted by fuji-moca at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

H28-3漢検一級を受検してきました。

H28-3 漢検1級を受検してきました。
自己採点では、今回はH28-2と比べてだいぶ良さそうです。
(といっても180点前後…)
同音異義語の礑(はた)と将(はた)、そろそろ出る頃かなと
思っていたらちゃんと出てくれました。ラッキー!

しかし、盥漱(かんそう)は書けましたが翰藻(かんそう)が書けず、
同音異義語としてはクリアならずでした。

対義語・類義語はやはり難しかったですね。
「恐惶」の類義語は、おそらく畏憚(いたん)。
「元朝」の類義語は、おそらく鶏旦(けいたん)。
どちらも全く思いつかず。

そして同じく難しかったのが文章題。
れんちゅう(簾中)?、余味(よみ)?、佞(ねい)?、滔々?
何問間違えたか慄然(ぞっ)とします。

H28も3回受けることができました。
H29はこれからですが、試験日まで残りあと4ヶ月、
もっと語彙を増やして実力を向上させたいです。

では、またどうぞよろしくお願い致します。
posted by fuji-moca at 18:49| Comment(4) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

H28-2の結果通知が来ました。

H28-2の漢検1級結果通知が来ました。

結果:171点

前回より低い…。
易しかったとはいいつつ、対義語・類義語の問題で半分も落としてました。
語選択書き取りでも3問落とすも、
一方で文章題書き取りは満点。
レーダーチャートが瓢箪のような形になってます。(^^;
リピーター合格者の平均点数があるとすれば、
きっとそれより下回ってるでしょう。

嚠喨(りゅうりょう)と眷顧(けんこ)は書き間違えた自覚がなくて、
なぜこの問題の解答がバツだったのか全く分かりません。。
まあでもこれが実力だと認識して、
少なくとも今より力を落とさず、H28-3に臨みたいと思います。

このところ早朝出勤が多く朝のスタバ勉強も停滞気味。
仕事の忙しさの疲れを土日で取ってるゆえ、
土日は眠たくて昼間ウトウト状態。
もうちょっとワークライフバランスを上手に遂行出来たらなぁ。

それでは、また合間を見て勉強します。


posted by fuji-moca at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 漢検1級合格記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする